調味料

発酵食品、しょうゆの実

全国からよく調味料のお取り寄せをして、いろんな料理に活かしている私の中で、最近の一番のヒットはズバリ、しょうゆの実です。新潟や長野などで食べられている郷土料理ですが、しょうゆの実とは言えどももろみ味噌の一種です。大豆、米麹、塩で作られる発酵食品で、炒って半割りにした大豆の皮をていねいに剥いて、米麹と塩で発酵させます。しょうゆと味噌のちょうど真ん中くらいの食味で、香ばしい食味が特徴。ご飯の上にちょこんと置いて、そのまま食べるのもよし、パンの上に敷き詰めて、トースターでうっすら焦げ目がつくくらい焼くと、香ばしい大豆の香りがさらに引き立ちます。しょうゆのかわりに納豆に入れて食べても美味しく、大豆の味の幅が一気に広がるような感覚を得られます。テレビで紹介されたときに、一時的なブームが起こったようですが、今は落ち着いていて、老舗店のものも購入することができます。和食が好きな人であれば、おしなべて気に入ると思います。ぜひご賞味あれ!